【児童・評論】
絵本BOOK END 2014
編集/絵本学会機関誌編集委員会
発行/絵本学会 発売/朔北社
A5判・並製・128頁
(本体1000円+税)ISBN978-4-86085-119-4 (2014.10)
今回の特集は″絵本研究を愉しむ″。様々な研究を行ってきたそれぞれの研究内容から、絵本研究の面白さとは何かをを探ります。最近の絵本の動向、過去の展示会などのデータも充実。作家や出版社へのインタビュー、編集者対談なども掲載。
 





4
8
12
16
22
26
30
34
38


40
48

56

64



78
80
82



84


98


100
103
111


116

120
127

■本書目次

【特集 絵本研究を愉しむ】


 絵本の視覚表現―配色効果から見る絵本のアート性/杉浦篤子
日本の絵本史研究の現在/香曽我部秀幸
神話・伝説・昔話の絵本化作品の研究―田島征三『花じんま』を通して―/谷本由美
絵本研究―保育からのアプローチで見えてきた/生田美秋
絵本の諸機能とその効果―おもしろさの根源/藤本朝巳
育児支援を考える読書論としての絵本研究/赤羽尚美
絵本とテーマと美術教育―美術教育と絵本研究の可能性/久保木健夫
「読み聞かせ」への脳科学からのアプローチ/佐々木丈夫
絵本の部位と用語解説/藤本朝巳


【大会記録 絵本とアート―絵本のつくり手たち、その想像力】
 第一七回絵本学会大会の概要/松本育子
絵本研究会'13報告●宮沢賢治原作絵本を考える―『銀河鉄道の夜』を中心に/金井一郎、松田素子、笹本純
絵本フォーラム'13報告●片山建 私のおなかの中の小さな人 あるいはマグレ様の思し召し/今田由香
座談会●絵本研究の動向―二〇一三年下半期〜一四年上半期/今田由香、坂本淳子、鈴木穂波


【BOOK REVIEW】
 『絵本で読み解く 宮沢賢治』/林 美千代
『ベーシック 絵本入門』/本庄美千代
『絵本という文化財に内在する機能―歴史・母子関係・現代社会からの総合的視察を通して』/棚橋美代子


【編集者座談会】
 絵本の未来図/木村真、筒井大介、堀内日出登巳、生田美秋

【次年度大会に向けて】
 「絵本」という交差点/陶山 恵

【絵本周辺領域の動向】

 絵本原画展―二〇一三年/香曽我部秀幸
二〇一三年に開催された主要な絵本原画展と絵本画家の展覧会/香曽我部秀幸
杉田豊氏に聞く―「絵本はまず絵をよく見て欲しい。絵を読んで下さい」/加持ゆか


【連載】
 研究者のための絵本コレクションガイド◎第七回 青山学院女子短期大学図書館所蔵オーク・コレクション/三逵真智子
子どもの本の編集者に聞く◎第五回 至光社・武市八十雄氏に聞く/生田美秋
絵本学会について


■バックナンバーも、好評発売中!

『絵本BOOKEND2007』
『絵本BOOKEND2008』
『絵本BOOKEND2009』
『絵本BOOKEND2010』
『絵本BOOKEND2011』
『絵本BOOKEND2012』
『絵本BOOKEND2013』

■この本が欲しい方…→こちら(注文)

TOP