【児童・評論】
絵本BOOK END 2011
編集/絵本学会機関誌編集委員会
発行/絵本学会 発売/朔北社
A5判・並製・144頁
(本体1000円+税)ISBN978-4-86085ー099-9 (2012.2)
絵本学会による、絵本最新動向と研究!
座談会など様々な角度から絵本の今を探ります。
 





4
6
10
15
20
25
30
34
38
43



44
49

53


58


66



76
80
82



85
94


97
110


114
118
121


128

132

139

■本書目次

【特集 国際アンデルセン賞画家賞受賞者】


 国際アンデルセン賞について/藤本朝巳
 アロイス・カリジェ――初のアンデルセン賞画家賞/杉浦篤子
 モーリス・センダック――センダックのいるところ/中山美加
 安野光雅――人間性の回復をかけて、絵本で知的な遊びを遊ぶ/石井光恵
 ドゥシャン・カーライ――見えない言葉を見える形に表す/今井良朗
 リスベート・ツヴェルガー――線描写と余白表現/藤本朝巳
 クヴィエタ・パツォウスカー――絵本という“立体作品”を作るアーティスト/松本猛
 トミー・ウンゲラー――ノーマンズ・ランドの住人/今田由香
 アンソニー・ブラウン――その魅力と「シェイプ・ゲーム」/永井雅子
 受賞者一覧


【大会記録 曼荼羅絵解き、絵巻、紙芝居】
 仏教を絵で語る/諸橋精光
 子どもたちが物語るアニメーション/昼間行雄

【絵本研究会’10】
 絵本研究の方法――絵本の構造論/中川素子、バーサンスレン・ボロルマー

【絵本フォーラム’10●報告】
身近な体験から生まれる絵本/杉浦篤子

【座談会】
絵本研究の動向――2010年/坂本淳子、永田桂子、丸尾美保

【BOOK REVIEW】
 『絵本の事典』/中川素子
 『はじめて学ぶ英米絵本史』/生田美秋
 『「子供が良くなる講談社の絵本」の研究――解説と細目データベース』/三宅興子


【新刊絵本】
 『万里の長城』/松居直、唐亜明、藤本朝巳
 『すっすっはっはっ こ・きゅ・う』/内田麟太郎

【東日本大震災と絵本・子どもたち】
 いのちを守り、いのちを支える――絵本からのメッセージ/柳田邦男
 草の根読書活動と共に三十六年――子ども文庫助成事業/柴田俊明

【絵本周辺領域の動向】
 大学の教育現場より――絵本とアニメーション/陶山恵
 絵本原画展−2010年/竹迫祐子
 2010年に開催された主要な絵本原画展と絵本作家の展覧会/竹迫祐子

【連載】
 絵本作家創作活動の紹介◎第二回 現実と幻想の世界が〈のど〉を通して交錯するとき
 ――新星スージー・リー来日の記録から――/甲斐聖子

 子どもの本の編集者に聞く◎第二回 澤田精一氏に聞く光吉夏弥の仕事/生駒幸子

 絵本学会について


■バックナンバーも、好評発売中!

『絵本BOOKEND2007』
『絵本BOOKEND2008』
『絵本BOOKEND2009』
『絵本BOOKEND2010』
『絵本BOOKEND2012』
『絵本BOOKEND2013』
『絵本BOOKEND2014』

■この本が欲しい方…→こちら(注文)

TOP