【児童・絵本】
ミミズくんのにっき
ミミズくんのにっき
Diary of a Worm
ドリーン・クローニン/文 ハリー・ブリス/絵 もりうち すみこ/訳
Doreen Cronin Harry Bliss
30cm×25cm 32頁 (本体1500円+税) ISBN4-86085-027-0 (2005.3)
アメリカのベストセラー絵本作家ドリーン・クローニンと、人気漫画家ハリー・ブリスのコンビがおくるゆかいな日記が、地面の下でひっそり暮らすミミズくんたちの素顔を、教えてくれます。

これは、みんなの知っているミミズくんのにっき。
驚くかもしれないけど、ミミズくんの毎日は、みんなとたいして変わらないんだよ。
違うことといったら、ときどき宿題を食べちゃうこと。
それに、顔とおしりがそっくりだってことくらい。
楽しくて、ユーモアいっぱいで、思わず笑ってしまう、ミミズくんのにっきを少しお見せします。
【内容紹介】
 
【冒頭ページ紹介】

3がつ20か

ママは いつも いっている。
「よのなかには、3つの たいせつなことが あるの。
ちゃんと おぼえておくんですよ」って。

ひとつ ぼくたちは、ひつようなものを ぜんぶ ちきゅうから もらっている。

ふたつ ぼくたちが トンネルをほると、ちきゅうは いきが しやすくなって、たすかる。

みっつ パパが しんぶんを たべているときは、ぜったいに じゃまを しちゃいけない。


■この本が欲しい方…→こちら(注文)

TOP